だれかに話したくなる本の話

日本一秀逸な書籍タイトルに『人間にとってスイカとは何か』

2014年に出版された本の中で最も秀逸なタイトルを選ぶ、「日本タイトルだけ大賞 第7回」の選考会が2月14日に行われ、大賞に『人間にとってスイカとは何か』(池谷和信/著、印東道子、関雄二、白川千尋/編集、臨川書店/刊)、残念賞には『永遠のエロ』(睦月影郎/著、二見書房/刊)が選ばれた。

 「日本タイトルだけ大賞」は、2009年に「内容の優劣を問わず、タイトルのみのコピー、美しさ、面白さが際立つ書籍を表彰し、出版広告だけでなく、タイトルそのものの重要性を発信していくため」に創設された賞で、今回で7回目。
 毎回多様な方法で選考会の様子を伝えてきたが、第7回ではCBCラジオ『電磁マシマシ』(土曜24〜25時)とコラボレーション。佐野電磁さんとモデルの結さんも選考に加わった。

 受賞作は以下の通り

●大賞
『人間にとってスイカとは何か』

池谷和信/著、印東道子、関雄二、白川千尋/編集、臨川書店/刊


●佐野電磁賞
『さわらせて』

みやまつともみ/著、アリス館/刊


●山田真哉賞
『俺流処方 糖尿病・腎・内分泌疾患編』

伊藤裕/編集、南山堂/刊


●吉永たつき賞
『怒りっぽい人は脚が太い』

Hanae/著、宝島社/刊


●上田渉賞
『星降る夜は社畜を殴れ』

高橋祐一/著、 霜月えいと/イラスト、KADOKAWA/刊


●結賞
『忍者ダイエット』

植田美津恵/著、サイドランチ/編集、小山喜崇/イラスト、サイドランチ/刊


●電磁マシマシ ツイートディレクター賞
『精神世界ゼロからのすごい覚醒 ありがたき宇宙の10倍返し』

畠山晃/著、ヒカルランド/刊


●残念賞
『永遠のエロ』

睦月影郎/著、二見書房/刊


 大賞に選ばれた『人間にとってスイカとは何か』は南部アフリカの砂漠の民をフィールドワークし、スイカと人間の関係をさぐる一冊。真面目な専門書が選ばれたのは賞の創設後はじめてだ。
 また、各審査員が選んだ本も興味深いものばかり。気になったタイトルはぜひチェックしてみよう。
(新刊JP編集部)