だれかに話したくなる本の話

夏休みの旅行や出張のホテル選び 快適に過ごしたいならここをチェック!

旅行や出張の際、ホテルを選ぶとき、何を基準に決めているだろう。
料金設定、旅行サイトの口コミがいいから、スタッフの対応がいいから、といったことで選んでいる人は多いのではないか。しかし、ホテルの当たり外れで、旅行そのものの気分も変わってくるものだ。では、いいホテルと悪いホテル、どのように見分ければいいのだろうか。
 
『ホテルで朝食を食べる人は、うまくいく』(中谷彰宏著、秀和システム刊)では、金額以上に得するホテルの利用法、恋愛がうまくいくホテルの使い方、仕事で成功を収める人のホテル術を紹介する。
 

■良いホテルと悪いホテルの見分け方

 
同じ予算のとき、安いホテルの高い部屋と、高いホテルの安い部屋のどちらに泊まるのがいいのか。このとき、うまくいかない人は、安いホテルの高い部屋に泊まり、うまくいく人は、高いホテルの安い部屋に泊まるというのだ。
 
ホテルは部屋の平米数にお金を払っているわけではなく、ホテル代の大半はスタッフの人件費。「ホテル代」イコール「部屋代」ではないのだ。部屋が狭くても、すぐに慣れるもの。スペース代にお金を払うと、人件費が削られているので、サービスが悪かったり、セキュリティーが悪かったり、頼み事が聞いてもらえなかったりする。部屋が狭くても高いホテルに泊まる方がいいという。
 
では、いいホテルと悪いホテルはどこで見分ければいいのか。まず、電話をかけたときの対応でわかる。スタッフが礼儀正しいかどうか、感じかいいかどうか、明るいか暗いかで判断する。
 
その時、「空港まで大体何分ぐらいかかりますか」と質問してみるといい。そこで即「1時間ぐらいです」という答えが帰ってきたら、そのホテルはアウト。何時台か聞いていないからだ。 
 
逆にいいホテルなのは「何時頃、ご到着の予定ですか」と聞いてくれるホテルだ。時間帯によって渋滞があったり、交通状態はまったく違う。30分のときもあれば、1時間半かかるときもある。長めにとって「1時間半です」というところもアウト。忙しいビジネスマンには、1時間は貴重な時間。そのスタッフは、お客さまの1時間をそれほど大切に思っていない人だということがわかる。空港までの時間の答え方のマニュアルもできていないホテルということになる。