だれかに話したくなる本の話

孤独、失望、苦悩…。「非常識な読書術」から人の成長は始まる

「本は読んだ方がいい」、そう言われる機会は多い。

しかし、なんとなく本を開いてページをめくり、字を追い掛けていると、途中で飽きてしまい、そのまま放置…ということも少なくないはずだ。そして、本の全容も分からないまま、なんとなく読んだ気になっている。

言っておこう。それでは、本をいくら読んでも自分の成長につなげることはできない。

読書は著者と読者の「戦い」であり、たった一人で考え抜くことこそが成長を促す。もし、あなたが本気の読書をしたいのであれば、「孤独」になるべきだ。

■これはあまりにも「非常識」な読書術だ!

最近出版された読書術の本の中でも、異色ともいえる本がある。その一節を引用しよう。

読書とは自分を分析、つまり見つめ直すためにあるのだと私は思っている。
ひいては、自分だけではなく、
「人間とはどういう生き物なのか。
善なのか悪なのか。偉いのか愚かなのか」
と、たまには深刻に考えるために読書が必要なのだ。ゲーテほど頭が良くない我々は、書物の力を借りないと、「人間とはどんな生き物なのか」「日本人はバカなのか偉いのか」は分からないはずだ。
『「孤独」の読書術』220~221ページより引用)

これは、里中李生氏の『「孤独」の読書術』(学研プラス刊)の中に出てくる言葉である。

里中氏といえば、辛辣で過激ながら常に本質を突く自己啓発論を展開する作家で、男女問わず幅広い層から支持されている。

その痛烈な筆致は自己啓発の世界においては「非常識」極まりないものだが、この本においても、他の「読書術」本にはない、ザクザクと本質を突く言葉が詰め込まれている。いわば「非常識な読書術」である。

そのテーマは「孤独」。本書には「孤独」のエッセンスを学ぶための25冊の本がピックアップされている。そのうちから3冊、紹介しよう。

■孤高に導くニーチェの『ツァラトゥストラはこう言った』

まずはドイツの哲学者・ニーチェの『ツァラトゥストラはこう言った』だ。

「神は死んだ」という名言で知られるニーチェの代表作『ツァラトゥストラはこう言った』。主人公は孤独を求めて山に入り、すべてを悟ったのち人々に語り始める。

里中氏は、この本においてニーチェは「言ってはいけない真理」を語っているという。それは男にとっての女の存在価値であり、軽蔑的表現に満ち溢れている。

愛している。その美しさと私の神経質な心臓を癒す白い乳房を。
憎んでいる。その自己愛主義と、すぐに怠ける足元、口元を。
『「孤独」の読書術』25ページより引用)

男は女に惑わされ、苦しめられる。そして自分の孤独を知る。それだけではない。友達も家族も仕事も自分の心を埋めてくれはするが、それ以上にはならない。

自分の底に渦巻く、誰にも理解されない欲望を引っ張り出し、悩み苦しみながら「孤高」を目指せばいい。『ツァラトゥストラはこう言った』はそんなことを教えてくれるのだ。

『「孤独」の読書術』

「孤独」の読書術

孤独って、そんなに悪いことではないようです。