だれかに話したくなる本の話

今、「趣味・読書」の女性は婚活で成功をおさめやすい!?

今年6月に発表された明治安田生活福祉研究所の「20~40代の恋愛と結婚」についての調査によれば、30代の未婚者のうち、「結婚したい」と思っている人は男性で40%、女性で45%となった。

3年前の同じ調査では男性53%、女性60%だったので、数字は大きく落ちている。しかし、それでも30代未婚者の半数近くは結婚を望んでいるということだ。

しかし、婚活話と聞くと滑稽なエピソードばかりが耳に入ってくる。

「年収1000万円以上の男性はNG!」と言い張る女性や、結婚に真剣に向き合い過ぎて女性を質問攻めにする男性など、自分の人生を左右する大きな出来事だからこそなのだろうが、本性がにじみ出てくるのである。

では、婚活をうまく乗り切る女性はどんなことをしているのか?

婚活アドバイザー兼結婚相談所所長の大西明美さんが執筆した『となりの婚活女子は、今日も迷走中』(かんき出版刊)から、意外な趣味で婚活を成功させた40歳の女性のエピソードを紹介しよう。

■スペックの高い男性「若い女性との会話は疲れる」

さきこさん(40歳)はぽっちゃりな体型に年相応のルックスと、地味目の印象を持たれるアラフォー女性。趣味は読書、映画鑑賞とこれまた地味。

しかしこの方、大西さんの紹介で出会った、としたかさん(42歳)と結婚をした。

としたかさんはスポーツマンでイケメン、上場企業に勤務し、このご時世で年収は800万円。世の婚活女子が羨むスペックを持っている。大西さん自身も「若くて綺麗な女の子をたくさん紹介したのに、どうしてプロフィールの段階で断られるのだろう」と思うほどだった。

気になった大西さんは、成婚の挨拶を受ける際に、なぜさきこさんを選んだのか、としたかさんに実際に聞いてみたのだ。すると、笑顔でこう語ったという。

「確かに、綺麗な子も若い子もいましたけれど……。会話がしんどかったですね」

「僕が話題を合わせていたから。
女性って必ず『お仕事何をしていますか?』って聞くじゃないですか。僕の一番の関心事はまさに仕事なので嬉しい話題なんです。でも、僕の仕事の話をしたらみんな退屈そうにしていました。著作権がどうとかコンプライアンスがどうとか興味ないって感じがすごく伝わってきて……」 (『となりの婚活女子は、今日も迷走中』176-177ページより一部引用)

としたかさんは相手のつまらなそうな素振りに気付き、ファッションや映画の話をしたそうだ。話題の引き出しが豊富なので、その場は盛り上がる。そして女性側のテンションも上がり、「また会いたい!」となるわけだ。

『となりの婚活女子は、今日も迷走中』

となりの婚活女子は、今日も迷走中

婚活中の男子にこそオススメの一冊。