だれかに話したくなる本の話

絶対付き合っちゃダメ!出世しないオトコの口癖

どうせ付き合う人とは、お互いを高め合える関係が理想ですよね。

仕事でもプライベートでも、ネガティブ発言ばかりの人とは一緒にいても楽しくないし、成長し合える関係かといえば疑問が残ります。

特に、周囲でこんな「口癖」がある人には、注意が必要かもしれません。

会社で落ちこぼれる人の口ぐせ 抜群に出世する人の口ぐせ』(KADOKAWA刊)の著者・吉田典史さんは、25年で2000人もの会社員に取材をする中で、落ちこぼれる人に共通する口癖を見つけたといいます。そのいくつかを紹介しましょう。

■「どうせ、俺は」

悲観的な言葉ですが、「落ちこぼれる人」はこれをわざわざ、皆に聞こえるようにして口に出すといいます。

失敗したときや、仕事がうまくいかないときに、 「どうせ、俺なんて」 と、しおらしい態度を取りますが、つぶやいた後には、周囲の雰囲気や表情を上目づかいでしっかり見ているはずです。

「弱音を吐いたら優しくしてもらえる」と思っているのが、落ちこぼれのダメなところ。普段から周囲に気を配っていれば、こんなことをしなくても声をかけてくれるものですが、落ちこぼれる人は自分のことしか考えていないので、それに気づくことができないのです。

■「時間がない」「忙しい」

仕事の多い会社に入れば、 「時間がない」「忙しい」 は、みんな平等に感じているもの。それをあえて「時間がない」と、声高に“忙しいアピール”するのは、言ってみれば自分の能力不足を強調するような行為。

忙しい自分に酔って、周囲の空気を感じ取れない人は残念ながら「おちこぼれ」コースにかなり近いと言えるでしょう。

一方、出世する人は、半年後、1年後、3年後という、長いスパンで仕事を考えるので、ときには一旦仕事を休止して、じっくり考える時間を大切にするものです。忙しいだけで仕事をしている気にならない人こそが、出世に近い人です。

◇ ◇ ◇

「口癖」は、人それぞれ何かしら持っているものですが、普段から頭で意識している言葉が口に出ているということが多いものです。自分自身、よく口にしている言葉や、それを言った状況を思い返してみて、そこに嫌らしい思惑がないか、振り返ってみることは必要かもしれません。

(新刊JP編集部)

この記事のライター

新刊JP編集部

新刊JP編集部

新刊JP編集部
Twitter : @sinkanjp
Facebook : sinkanjp

このライターの他の記事