だれかに話したくなる本の話

「どんでん返しの帝王」が報道のタブーに切り込む 怒涛のノンストップ・ミステリー

『セイレーンの懺悔』(小学館刊)

凄惨な事件が起きたときに、疑いのある者や被害者家族の家に押しかけ、インタビューを取り、ニュース番組で報道したり、他者を出し抜いてスクープを狙ったりする。

セイレーンの懺悔

セイレーンの懺悔

少女を「本当に殺した」のは誰なのか――?

葛飾区で発生した女子高生誘拐事件。不祥事によりBPOから度重なる勧告を受け、番組存続の危機にさらされた帝都テレビ「アフタヌーンJAPAN」の里谷太一と朝倉多香美は、起死回生のスクープを狙って奔走する。警察を尾行した多香美が廃工場で目撃したのは、暴行を受け、無惨にも顔を焼かれた被害者・東良綾香の遺体だった。
クラスメートへの取材から、綾香がいじめを受けていたという証言を得た多香美。主犯格と思われる少女は、6年前の小学生連続レイプ事件の犠牲者だった。

少女を本当に殺したのは、誰なのか――?

”どんでん返しの帝王”が現代社会に突きつける、慟哭のラスト16ページ!!