だれかに話したくなる本の話

【書評】『LIFE SHIFT』 変わりゆく「老後は安泰」、来る人生100年時代の全貌とは

『LIFE SHIFT』(東洋経済新報社刊)

「2007年に生まれた日本人の子どもの半数は107歳に到達する」

『LIFE SHIFT』(リンダ・グラットン、アンドリュー・スコット著、池村千秋翻訳、東洋経済新報社刊)では、まずそんなデータを私たちに提示している。(*1)

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

『ワーク・シフト』に続く社会のシフトチェンジを予測する第2弾。人生を考え直す機会を与える一冊。