だれかに話したくなる本の話

“文筆家”星野源の原点ともいえる初めてのエッセイ集に書かれていることとは?

『そして生活はつづく』(文藝春秋刊)

3月30日に発売される最新エッセイ集『いのちの車窓から』(KADOKAWA刊)が異例の初版12万部と、大きな注目を集めている星野源さん。

ミュージシャン、俳優、ラジオパーソナリティとさまざまな分野で活躍している星野さんだが、文筆家としての一面を持っていることは、ファンならずとも知っているだろう。そんな彼の最初のエッセイ集となったのが『そして生活はつづく』(文藝春秋刊)である。

そして生活はつづく

そして生活はつづく

星野源初めてのエッセイ集!