だれかに話したくなる本の話

「努力は報われる」は幻想? 経済学者が考える「運」の大切さ

『成功する人は偶然を味方にする』(日本経済新聞出版社刊)

「努力と運。成功するために、どちらの方が必要か?」

こう問われたときに、あなたはどう答えるだろうか。
努力の積み重ねが大切だということは、子どもの頃からさんざん言われてきたことだし、大きな実績をあげた人が執筆したビジネス書を読んでも、やはり努力の重要性が書かれている。

しかし、H.J.ルイス講座の経営学教授であり、コーネル大学の経済学者でもあるロバート・H・フランク氏の『成功する人は偶然を味方にする』(月沢李歌子訳、日本経済新聞出版社刊)に書かれていることに目を通すと、努力や才能よりも運に着目すべきだということがわかる。

成功する人は偶然を味方にする 運と成功の経済学

成功する人は偶然を味方にする 運と成功の経済学

がんばっても成功できない人もいれば、がんばらなくても成功する人もいる。
その違いを経済学の見地から解き明かす。