だれかに話したくなる本の話

25万3200冊の読書から生まれた「本物の知識」が身につく読書術

『知的社会人1年目の本の読み方』(フォレスト出版刊)

■社会人に必要な「知性」「教養」「創造力」は読書で身につく

社会人として生きている以上、「誰かから評価される」ということは避けられない。
それは、新入社員だろうとトップに立つ経営者であろうと、同じだ。

誰だって「社会人としてのレベルが低い」と思われたくはない。プライドの部分はもちろん、社会人としての自分の評価が下がれば、人から軽んじられ、仕事や人間関係において、不本意な状況に陥ることになるからだ。