だれかに話したくなる本の話

ノマドワーカーが進化!? 圧倒的自由を謳歌する「モバイルボヘミアン」とは

『モバイルボヘミアン 旅するように働き、生きるには』(ライツ社刊)

数年前、カフェで仕事をする「ノマドワーカー」という言葉が流行ったが、それが今は“次のフェーズ”に移行しているという。

それが、「モバイルボヘミアン」というライフスタイルだ。

『モバイルボヘミアン 旅するように働き、生きるには』(本田直之、四角大輔著、ライツ社刊)は、実は深い交流があるという、『レバレッジ』シリーズの本田直之氏と『自由であり続けるために 20代で捨てるべき50のこと』の四角大輔氏の2人が、20代の頃から20年以上の歳月をかけ、実験し続けてきた「生き方」と「考え方」、実践のための具体的なノウハウを紹介している。

モバイルボヘミアン 旅するように働き、生きるには

モバイルボヘミアン 旅するように働き、生きるには

【こんな人におすすめ】
・海外で仕事をしたいと思っている人
・今の生き方、働き方に対して疑問を抱いている人
・ノマドワークに飽きてしまった人