だれかに話したくなる本の話

本当に国民に主権はあるのか? 政治家を好き勝手にさせないためには

『憲法って、どこにあるの? みんなの疑問から学ぶ日本国憲法』の著者、谷口真由美さん

5月3日に施行70周年を迎えた日本国憲法。改正されていない現行憲法としては、世界最古として知られているものの、たびたび改憲の議論が巻き起こっている。

日本国憲法の3本の柱といえば「基本的人権の尊重」「平和主義」、そして「国民主権」だ。しかし、果たして国民の意志が政治に反映されているかと言われると、疑問に思ってしまう人は少なくないのではないか。

では、「国民主権」を達成するために国民は一体何をすべきなのか?
日常の事柄から憲法の条文を結び付けて分かりやすく解説した『憲法って、どこにあるの? みんなの疑問から学ぶ日本国憲法』(集英社刊)の著者で、大阪国際大学准教授の谷口真由美さんにお話をうかがった。
(新刊JP編集部/金井元貴)

『憲法って、どこにあるの? みんなの疑問から学ぶ日本国憲法』

憲法って、どこにあるの? みんなの疑問から学ぶ日本国憲法

知っておくことが大事なんです。