だれかに話したくなる本の話

不動産投資は「都心」と「ワンルーム」がカギ 成功者が語るアドバイス

『年収350万円のサラリーマンから年収1億円になった小林さんのお金の増やし方』の著者、小林昌裕さん

賃金があがりにくい今、給料を上げるために一生懸命働くよりも、手っ取り早く副業で稼ごうと考える人が増えるのは当然だろう。

しかし、仕事はおろそかにできないし、時間も限られているというところに会社員の副業の難しさがある。つまり、お金は欲しいが手間も時間もかけたくない、というわけだ。

この条件を満たすものとして、不動産投資がある。『年収350万円のサラリーマンから年収1億円になった小林さんのお金の増やし方』(SBクリエイティブ刊)の著者、小林昌裕さんは、会社員として働く傍ら不動産投資を始めたことで人生が大きく好転した。

今回はその小林さんにお話を伺い、この副業を成功させる秘訣の一端をお話しいただいた。

『年収350万円のサラリーマンから年収1億円になった小林さんのお金の増やし方』

年収350万円のサラリーマンから年収1億円になった小林さんのお金の増やし方

継続性や安定性に欠ける「自転車操業」の商売ではなく、毎月継続的に収益をあげるビジネスとは。ブラック企業の一社員だった著者の体験にもとづく、儲かる「ストックビジネス」の作り方。