だれかに話したくなる本の話

ボーンブロス・ダイエットに30代記者が挑戦!中間レポート(4)―不安とボーンブロスの日々編―

■18日目までの振り返り

ここ最近、「食生活に慣れた」という言葉をよく使っていますが、本当にその通りだと思います。

このダイエットが始まる前はラーメンもそばもうどんも食べられないなんて!一体何を食べればいいんだという想いでいっぱいでしたが、最終週を迎えた今、自炊が当たり前となり、炭水化物をなるべく摂取しない生活に慣れ、行動もだいぶ変わったように思います。

ダイエットは継続であり、やれば痩せるし、やらなければ太るというシンプルな二択です。目標体重が課せられている以上、「やる」以外の選択肢はないわけですが、とはいっても18日目のレポートにも書いているように、不安がつきまといます。

「このくらい水飲んでもいいだろう」とか余計な心配をしなくてもいいのに、してしまうのです。

ですが、やはり細くなっているということは自信になりますし、もしかしたら体重は目標の64.7kgに届くのではないか?という希望もあるわけです。

いよいよラストスパート。長いようで短い、でも短いようで長い2日間を乗りきっていきます。今まで読んでいただいてありがとうございました。では、次回、5月19日、割井による最終レポートをお楽しみにお待ちください。もし、その前に結果が知りたければ5月17日お昼以降に私に連絡ください。

(新刊JP編集部・カナイ)

==次回5月19日、最終結果を報告!カナイの運命はいかに!?=

「ボーンブロス・ダイエットに30代記者が挑戦!」記事一覧はこちら

『最強ボーンブロス食事術』

最強ボーンブロス食事術

3週間で結果が出る、魔法のスープ、ボーンブロス日本上陸!アメリカで大ブーム。NYタイムズベストセラー。

この記事のライター

金井氏の顔写真

金井元貴

1984年生。「新刊JP」の編集長です。カープが勝つと喜びます。
facebook:@kanaimotoki
twitter:@kanaimotoki
audiobook:「鼠わらし物語」(共作)

このライターの他の記事