だれかに話したくなる本の話

不安?それとも明るい? 人工知能時代に働き方はどう変わるのか

『2020年人工知能時代 僕たちの幸せな働き方』(かんき出版刊)

今年に入ってからは特に、人工知能(AI)に関するニュースをほぼ毎日どこかで見かけるようになった。それは、書店においても同じだ。新刊書や話題の本には「人工知能」という言葉がタイトルに入った本が並び、時にはそれがランキングの上位に来ることもある。

私たち一般人がAIについて知りたいと思った時に、大まかに2つの感情があるのではないか。

一つは「希望」。AIによってもたらされる便利で豊かな未来である。そして、もう一つが「不安」だ。自分の仕事がAIによって奪われてしまうのではないか、技術的特異点(シンギュラリティ)を超えて、AIが人間を支配するのではないかという不安は多くの人にあるはずだ。

2020年人工知能時代 僕たちの幸せな働き方

2020年人工知能時代 僕たちの幸せな働き方

あなたの仕事はもっと楽に、楽しく進化する!
働くすべての人の必読書。