だれかに話したくなる本の話

「利益のためなら手段を選ばない」に君は共感できるか? 「写真週刊誌」が舞台のお仕事小説『エディター!』

『エディター! 編集ガールの取材手帖』

有名人の不祥事やスキャンダルが話題になる昨今、スクープを世間に送り出している、いわゆる“写真週刊誌”自体が取りざたされるのも珍しくない。世間を震撼させる凶悪事件もさることながら、俗に言う“ゲスい”話題まで、週刊誌が白日の下に晒す情報は、新聞やニュースとは違った角度から情報を送り出し、人々の関心をさらっていく。

そんな「写真週刊誌」を舞台に新人女性編集の奮闘と成長を描く“お仕事小説”が登場した。富士見L文庫から出版された『エディター! 編集ガールの取材手帖』(上倉えり著、煙楽イラスト、KADOKAWA刊)だ。

エディター! 編集ガールの取材手帖

エディター! 編集ガールの取材手帖

毎日がんばる編集ガールの、なりふりかまわぬお仕事小説!