だれかに話したくなる本の話

凋落が止まらない!アパレル業界が抱える深い闇

『誰がアパレルを殺すのか』(日経BP社刊)

いよいよ夏の盛りに入るわけだが、百貨店や路面のアパレルショップをのぞくと、早くも今年の秋冬物の新作が並び始めている。しかし、「待っていました」とそこに集まる人々は、どの店を見てもまばらだ。

ファッションの買い物はネットに移行してしまったのだろうか。それとも、アパレル業界が不調なのだろうか。

誰がアパレルを殺すのか

誰がアパレルを殺すのか

アパレル産業の「今」と「未来」が鮮明に見える。