だれかに話したくなる本の話

日経平均の株価は「二重構造」? 日本経済の今後を正しく読み取るには

『未来からの警告 2 トランプの破壊経済がはじまる』の著者、塚澤健二氏

「アベノミクス景気」に沸く日本経済。
2012年の年末から始まった好景気はすでに4年半が経過した。

6月後半には日経平均株価が2万円を超え、雇用の状態を示す有効求人倍率はバブル期を超える高水準を維持しており、好景気の影響はさまざまなところに出ている。しかし、景気回復の実感は乏しい部分があるのも否めない。

では、この“実感乏しい”好景気は一体いつまで続くのか? 2017年後半の日本経済はどうなるのか?

未来からの警告 2 トランプの破壊経済がはじまる

未来からの警告 2 トランプの破壊経済がはじまる

この秋、経済は大転換。第二のリーマン・ショックを警告。グローバル経済の常識を打破し、自国中心主義を進めるアメリカ。アジアで、中東で、ヨーロッパで…次々に起こる衝突や政治リスク。今後の世界経済はどうなる?日本株の動向を決める意外な事実とは?トランプ大統領誕生を当てた著者が、次なる世界経済危機を予測!