だれかに話したくなる本の話

「7」のつく年は転換の年? 「金融危機」にまつわる不気味なジンクスとは

『未来からの警告 2 トランプの破壊経済がはじまる』の著者、塚澤健二氏

2016年から2017年にかけて世界中で起きている「波乱」は、これから向かう未来の混迷ぶりを表していると言える。

ヨーロッパではその動きが顕著に見える、イギリスが国民投票によってEUからの離脱を決定。フランスの大統領選挙は経済界の支持を受けたエマニュエル・マクロンが勝利したものの、新党という点から不安が残る。また、今年後半にはドイツで連邦議会選挙を控えている。

『未来からの警告 2 トランプの破壊経済がはじまる』(集英社刊)の著者で、独自の「Tモデル」「T2モデル」を用いて経済を予測する経済アナリストの塚澤健二氏は、本書の中でドナルド・トランプ米大統領の「破壊経済」を発端にした世界の大変動を予測している。

4回にわたってお送りする、塚澤氏に聞く「2017年後半の経済トレンド」。 第3回の舞台はヨーロッパを中心にした世界の動き、そして2017年の「大転換」と「第二のリーマン・ショックの予兆」についてお話をうかがった。

未来からの警告 2 トランプの破壊経済がはじまる

未来からの警告 2 トランプの破壊経済がはじまる

この秋、経済は大転換。第二のリーマン・ショックを警告。グローバル経済の常識を打破し、自国中心主義を進めるアメリカ。アジアで、中東で、ヨーロッパで…次々に起こる衝突や政治リスク。今後の世界経済はどうなる?日本株の動向を決める意外な事実とは?トランプ大統領誕生を当てた著者が、次なる世界経済危機を予測!