だれかに話したくなる本の話

ダイエットに成功しやすい人とすぐリバウンドする人、その決定的な違いとは

今年4月から5月にかけて、「ボーンブロスダイエット」というダイエットに取り組み、3週間で7.8キロの減量に成功した私、新刊JP編集部のカナイ。

その後、なんとかリバウンドらしいリバウンドもなく体重を維持している私に、再びダイエット関連本が手渡された。タイトルは『あなたが痩せられないのは、一生懸命ダイエットしているからだ』(かも出版刊)だ。

本書は、ボディトレーナーであり、24年間で800冊以上のダイエット本を読み、80種類のダイエットに挑戦、投資額は1000万円超というガチなダイエット研究家・鴨頭明子さんが、最終的に行き着いたダイエットの方法を明かした一冊である。

突き詰めていくと物事はシンプルになるものだが、ダイエットも同じだ。ページを開けてみると「痩せるための原理は健全な生活にあり」という極めてシンプルな内容が並んでいる。
気になった私はさっそく鴨頭さんにお話をうかがうことにした。すると、鴨頭さんも私のダイエットに興味を抱いたらしく、まさかの“逆取材”が行われることに…!

(新刊JP編集部/金井元貴)

■鴨頭さんのダイエットカウンセリングを実際に受けてみた!

――まず、私が行ったダイエットについて聞きたいと思います。ちょうど2ヶ月前に3週間で約8キロの減量に成功しました。それから今のところ大きなリバウンドせず来ています。

鴨頭:すごい(拍手)!どのように維持してるんですか?

――運動は定期的にしています。また、以前は夕食が深夜になってばかりだったのですが、頻度を落としました。

鴨頭:なるほど。実は金井さんのダイエットレポート、読ませていただきました。ボーンブロスが入っているとはいえ、端的に言えば、極端な食事制限ですよね。断食日があるのでファスティングに近いダイエットです。実はそういうダイエットって向き不向きが分かれるんですよ。

――私はそのダイエットに向いていた、ということですか?

鴨頭:結論から言うと、合っていたと思います。実際ストレスはあまり感じなかったんじゃないですか?

――最初の頃はかなり頭がぼんやりする悩みがありましたが、もともと食に対してあまり頓着がないんです。何食べても美味しいというタイプなので、慣れてからは楽でした。

鴨頭:そういうタイプの人は淡々とこなすことができるので、成功しやすいんですよ。ただ、食に対して執着がすごくあったり、食べることが人生最大の楽しみという人は難しい。特に女性の方はその傾向がありますね。あともう少しうかがいたいのですが良いですか?

――はい、大丈夫です!

【というわけで、鴨頭さんによるダイエットのカウンセリングがスタート!】

鴨頭:今日の起床時間、昨日の就寝時間は何時ですか?

金井:昨日は午前3時30分くらいに寝て、朝9時に起きました。

鴨頭:普段はこのくらいに寝て、起きているんですか?

金井:いや、もう少し早いですね。午前2時30分くらいが多いです。起きる時間は8時30分くらいですね。

鴨頭:目覚まし時計は結構使う?

金井:使います。

鴨頭:あー(笑)じゃあ、起きた時にもう少し寝ていたいと思ったりしますよね?

金井:もちろん、そう思います。目覚ましもすごい鳴らします。

鴨頭:なるほど、睡眠がしっかり取れていない(笑)。年齢と身長と体重、今の数値を教えて下さい。

金井:33歳で、171.8センチ。体重は64.9キロです。

鴨頭:個人的には何キロぐらいにしたいと思う?

金井:ダイエットが終わってからはあまり考えたことなかったのですが、身長マイナス110で62キロくらいにはなりたいですね。

鴨頭:なるほど。最後に62キロだったのは何歳くらいのときですか?

金井:23、24歳くらいのときだと思います。

鴨頭:お風呂は毎日入りますか? もし入るなら何分くらいですか?

金井:毎日入るようにしています。ただ入浴している時間は結構その日によって違くて、30分くらい浸かって本を読んでいるときもあれば、5分くらいであがってしまうこともあります。

鴨頭:さすがですね。あとは今日の朝ご飯と昨日の夕ご飯、昼ご飯を教えて下さい。

金井:朝はあげ玉とワカメ、卵が入った温かいおそば。夕ご飯は23時くらいに今話題のサイゼリヤでペペロンチーノ、お昼は酸辣湯麺でした。

鴨頭:最後に間食ってしますか?

金井:間食はあまりしないですね。

鴨頭:こんな感じですね。ありがとうございます。アドバイスさせていただくと、パッと見てあまり野菜食べていないですよね? だから、まずは野菜を食べて下さい。もし間食するなら果物がおすすめです。酵素がたっぷり含まれているので、身体の機能がスムーズになり、新陳代謝の活性化つながって結果ダイエットになりますよ。

金井:野菜は確かに食べていなかったですね。食べる時は食べるのですが。

鴨頭:生野菜や果物を一杯食べてビタミンやミネラルを摂るようにするといいと思います。ただ、食べる量を減らしてはいけません。なるべくお腹は七分目くらいまで満たすように。食べ過ぎはいけませんが、食べなさ過ぎもNGです。

『あなたが痩せられないのは、一生懸命ダイエットをしているからだ』

あなたが痩せられないのは、一生懸命ダイエットをしているからだ

800冊以上のダイエット本を読み研究を重ねた著者が明かす、ダイエットを成功させるために最も合理的で、シンプルな方法とは。