だれかに話したくなる本の話

ベテラン経営者が明かす 仕事での成長を妨げる4つの考え方

『頭が勝手に働き出す思考法 少ない努力で最大の成果を出す社長の頭の使い方』(現代書林刊)

効率が上がらない、思ったような成果が出ないなど、誰にでもある仕事での「スランプ」。

その原因については自分に問題があることも、あるいは外的な何かがあることもあるはず。ただ、ありがちなの、やはり自分に問題があるケースだ。特に「頭の使い方」や「考え方」が、いつの間にか「仕事ができない人」のそれになってしまっていることがある。

以下は『頭が勝手に働き出す思考法 少ない努力で最大の成果を出す社長の頭の使い方』(現代書林刊)で、著者の西田芳明さんが明かしている、仕事の成果が出ないばかりか、自分の成長も妨げてしまう考え方。自分がこんな状態になっていないか、確かめてみてはどうか。

『頭が勝手に働き出す思考法 少ない努力で最大の成果を出す社長の頭の使い方』

頭が勝手に働き出す思考法 少ない努力で最大の成果を出す社長の頭の使い方

営業がヘタ・計画がズザン・アイデアが出ない・部下が育たない…なぜ、あなたは成果を出せないのか?それは、脳のことを知らないからです!建設業界で成長を続けるカリスマ経営者の頭の中をすべて公開します―。