だれかに話したくなる本の話

蛭子能収が人生相談で明かした、清々しい「お金」観

『笑われる勇気』(光文社刊)

人からどう思われるかを気にしないで生きている人はごく少数。多くの人はどう思われるかを気にして、生きづらさを抱えている。変なことを言ってしまったら…、炎上してしまったら…。

そんな世の中の視線をものともせずに、我が道を行くのが漫画家の蛭子能収さんだ。

「人からどう思われるか」ではなく「自分がどう思うか」を大切にしているという蛭子さん。そんな彼が人生相談に乗ってくれるのが『笑われる勇気』(蛭子能収著、光文社刊)である。

笑われる勇気

笑われる勇気

悩んでいるのがバカバカしくなること間違いなしの一冊!