だれかに話したくなる本の話

小宮一慶氏が大胆に近未来の経済を予測―【書評】『ビジネス読解力を伸ばす未来経済入門 』

の20年間、平成の大不況という暗幕のようなものに包まれた日本経済は泥沼化したまま現在に至っている。この間、エコノミストたちによって様々な経済予想が語られ、私たちは彼らの言葉に一喜一憂してきたが、そもそも、どうして彼らは経済予測が出来るのだろうか。

 もちろん彼らはあてずっぽうで発言しているわけではない(もしかしたら中にはそういう人もいるのかも知れないが)。それまでの歴史をしっかりとなぞった上で、現代の流れを読み取り、予測しているわけだ。
 結果として表れる現象の全てに原因があるように、今起こっていることを原因として考えたとき、歴史を知っていれば類似ケースで近い未来に起こるはずの「結果」を予想できるはずだ。それは先見力が必要なビジネスの場面において重要な思考となる。

 本書『ビジネス読解力を伸ばす未来経済入門 』はコンサルタントとして著名な小宮一慶氏による経済予測が書かれた一冊なのだが、知識の他にもう1つ得られるものがある。それは、未来の経済を読解する能力だ。

 本書では第1部で、過去25年間の日本や世界経済の流れを分析し、第2部でメディア上の様々な情報やデータを馳駆し、近い未来に起こりそうな経済・ビジネスイベントを丁寧に追う。そして、それらを踏まえた第3部で、企業や国家はどのような施策を打つべきか、ということを解説する。

 この思考フローを身につけること。それこそが本書を読む価値を最大限に増大させてくれる。もちろん、経済予測もしっかりとした分析の上でなされており、それだけでも十分に勉強になる。
 ここでは、本書を紐解きながら、その思考フローの一部を体験できるようにしていくことにする。

◇     ◇     ◇

1、日本経済が変わったのは「1989年」がきっかけ

 小宮氏は本書において、この「1989年」という年に非常に重きを置いている。つまり、1989年に起こったある出来事をきっかけに日本経済が大きく変化したという。
 その出来事こそが米ソによる冷戦の終結だ。
 冷戦下の日本は、米国からアジアにおける資本主義の広告塔として経済的繁栄を求められていた。つまり、米国からの支援・保護という、大きなハンディキャップを手にしながら高度経済成長を遂げてきた。しかし、米ソ冷戦が終結し、アメリカが経済的に日本を保護する必要がなくなった。そして日本は、ハンディキャップなしで国際経済に放り込まれた状態になってしまった、という筋書きである。
 確かに1990年以降、日本はバブル崩壊に始まり、平成の大不況を経験するなどそれまでとは打ってかわった20年間を歩んできた。そして企業は“国際化”という標榜の元で、コスト削減という価値観が植えつけられ、年功序列の崩壊や成果主義導入などを叫んだ。
 それまで日本経済を支えていた企業の環境は、国際化の波で大きく変わった。その決定打は、1989年の冷戦構造の崩壊だったのである。

(1989年には他にも天安門事件ベルリンの壁崩壊など、社会主義国家の凋落とも言える出来事が次々に起こっており、世界情勢が一気に変わってしまった。近年の研究においては、この1989年以前を「近代」、以降を「現代」という枠組みで捉えることが多くなってきている)
2ページ目に続く