だれかに話したくなる本の話

女性が「抱かれたい」と思う男性 その容姿・服装・色使い

男性の中には、何歳になっても女性の性的な関心を惹き続ける人がいます。いわゆる“セクシーな男性”です。

しかし、同じ男性なのに「セクシーな男性」と「セクシーではない男性」がいるのはなぜなのでしょうか?そして両者にはどんな違いがあるのでしょうか。

『精神科女医が本気で考えた 心と体を満足させるセックス』(高木希奈著、徳間書店刊)は、心理学の観点から男女が心身ともに満足するセックスの指南する一冊ですが、その中に“女性を欲情させる男”について書かれている箇所があります。

■思い悩む表情と不精ヒゲ

カナダのブリティッシュ・コロンビア大学のジェシカ・トレーシー教授が、女性に男性の写真を見せ、その表情から感じる性的魅力について質問するというアンケートを行ったところ、女性たちは男性が思い悩んでいる表情や、プライドを示す表情に最も反応したそう。

また、イギリスのノーサンブリア大学の研究チームが18〜44歳の女性を対象に行った実験では、女性は無精ヒゲの男性を「タフで、成熟していて、積極的で、支配的」と好意的に評価し、パートナーとして長期的に付き合いたい相手とみなす傾向が強いことがわかりました。ちなみに、きれいに剃ったヒゲは「性的に未成熟」、長すぎるヒゲは「支配的すぎる」となるようです。

何かに思い悩む表情と、適度なヒゲは女性にセックスアピールを感じさせる一つのポイントなのかもしれませんね。

■女性に「セックスしてもいい」と思わせる男とは?

ただ、女性は左脳優先で『言葉』に欲情する性質があるため、男性ほど異性の見た目に欲情することはありません。かといって「この人とならセックスしてもいいかもしれない」と感じる容姿上のポイントがないわけではありません。

その一つが、男性が身につけているブランドスーツやネクタイ、高級腕時計などなのだそう。つまり、女性はお金を持っていそうな格好をした男性を好むというのは、傾向としてはあるようです。

男性にとってはなんともガッカリな傾向ですが、これは逆に身につけるものにお金をかけるだけで女性のガードが甘くなるということも意味します。女性からの評価をあげるためには、このあたりもポイントになるのかもしれません。

■月経周期で変わる“好みの男性”

女性が「セックスしてもいいかも」と思う男性は、時期によっても違いがあるようです。本書によると、女性は月経周期や年齢によって男性の好みが変わるといいます。

東京大学と、イギリスのセント・アンドリュース大学の共同研究によって、排卵前後(生理終了後1~2週間)の妊娠しやすい時期の女性は“男らしくワイルドな男性”を好み、それ以外の時期は“かわいらしい男性”を好むことがわかっています。これは、普段“かわいい”タイプの男性を好む女性が、妊娠しやすい時期になると、それよりも生存確率の高そうな力強い男の遺伝子を求めるようになる、ということ。

男性は、女性にアタックする前に、自分の容姿がどちらのタイプに属するかを把握することも必要といえます。

■女性の性欲を掻き立てる色とは?

また、女性が欲情する男性の条件を考えるにあたって、「色」も大きな役割を果たします。

女性には、ある種の色で欲情する傾向があるとのこと。
ひとつ目は「赤」。

赤は感覚神経を刺激する色であり、赤やピンクなどの色をみると、女性はなんとなく興奮を覚えるのだそうです。もう一つは「紫」で、こちらも理由はよくわかっていませんが、女性をムラムラさせる色だとか。

反対に「黄」「緑」「青」は性欲をそぐ働きがあるといいます。

『精神科女医が本気で考えた 心と体を満足させるセックス』は、異性の気持ちを盛り上げるキスの仕方や体の触れ方など、心理学を実践にまで落としこんでセックスについての解説をしています。

恋人とのセックスがいまいち盛り上がらない、マンネリである、気乗りしないという方は、現状を切り開くヒントが得られるかもしれません。
(新刊JP編集部)

この記事のライター

新刊JP編集部

新刊JP編集部

新刊JP編集部
Twitter : @sinkanjp
Facebook : sinkanjp

このライターの他の記事