だれかに話したくなる本の話

「勉強本」の上達の鍵は?―【書評】『STUDY STYLE LIFE HACKS勉強法』

勉強法」という言葉に踊らされて、いろいろな本を読んでみたはいいがなかなか効果があげられない…。実はそんな人が多いのではないだろうか。本書はそんな、巷に溢れる「勉強法」のガイドブックともいうべき一冊だ。

 学生の頃を思い出して欲しい。すごく相性の合う先生の元では成績が上がるが、全く気の合わない先生だと成績が下がったりした経験はないだろうか。また、たくさんの暗記方法の中でどうしても「合わない」暗記方法があったりしたこともあるだろう。

 また、勉強法の「合う・合わない」はストレスの元凶ともなることがある。「合わない」のに特定の勉強法をやり続けることが、かえって足かせになってしまうこともある。性格が人それぞれ違うし、決して簡単に変えられるものではない。ならば、自分の性格に合った教義を探すのが得策ではないか。

 例えば一問一答の問題集スタイルが好きな人には、「暗記型」の勉強法がお勧めだ。代表は和田秀樹氏や野口悠紀雄氏で、それぞれ数学や英作文の暗記法の分野においてベストセラーを綴っている。一方、書籍そのものを楽しみたいという人には「理解型」が良い。提唱者としては池谷裕二氏が有名だ。

 本書は勉強をしたいと思うあなたに合った“STUDY STYLE”を見つける手がかりとして、強力な味方になるだろう。
(新刊JPニュース編集部)

◆『STUDY STYLE LIFE HACKS勉強法』
著者:佐々木正悟
出版社: 学習研究社
定価(税込み):1575円
発売中