だれかに話したくなる本の話

「叩かれた」先にあった覚悟。村山由佳が衝撃作『ダブル・ファンタジー』を振り返る

インタビューに応じる村山由佳さん

2009年に出版された村山由佳さんの小説『ダブル・ファンタジー』(文藝春秋刊)。
過激な性描写、自由を求めて不貞を重ねる主人公・高遠奈津の姿は賛否両論を巻き起こし、それまで「爽やかな青春小説」の書き手としての立場を確立していた村山さんの転機ともいえる作品になった。

多くの読者に強い印象を植え付けた本作だが、それが意外にも9年の時を経て初めて実写化される。そのドラマの放送場所はWOWOW。奈津を演じるのは女優・水川あさみさんだ。

6月16日のドラマ放送開始に先駆けて行った新刊JPによる村山さんへのインタビュー。 「今まで何度も実写化の話はあった」のに実現しなかったのは何故か? この9年間の変化や「性愛を描くこと」の意味、そして続編となる新作の話まで、幅広くうかがった。

聞き手・文:金井元貴、写真:大村佑介

ダブル・ファンタジー〈上〉

ダブル・ファンタジー〈上〉

「第22回柴田錬三郎賞」「第4回中央公論文芸賞」「第16回島清恋愛文学賞」をトリプル受賞。女性たちの共感を得た衝撃的な官能の物語。

■「連続ドラマW ダブル・ファンタジー」(全5話)
直木賞受賞作家・村山由佳による官能ラブ・ロマンス小説。水川あさみで衝撃の連続ドラマ化
6月16日毎週土曜夜10時~ ※第1話無料放送
公式サイト:http://www.wowow.co.jp/dramaw/wf/