だれかに話したくなる本の話

国境を越えて遺体を母国へ送る仕事「国際霊柩送還士」の知られざる姿

『エンジェルフライト 国際霊柩送還士』(集英社刊)

海外で亡くなった日本人や日本で亡くなった外国人は、誰がその遺体を柩に納め、どのようにして母国へ搬送しているのか知っているだろうか。実は決して表舞台に立つことはないが、プロフェッショナルとして遺体を家族のもとへ還す人たちがいる。

それが「国際霊柩送還士」だ。

そんな国際霊柩送還士を追うノンフィクションがある。『エンジェルフライト 国際霊柩送還士』(佐々涼子著、集英社刊)だ。本書は2012年第10回開高健ノンフィクション賞を受賞している。

そもそも国際霊柩送還とは具体的にどんな仕事をするのか。

エンジェルフライト 国際霊柩送還士

エンジェルフライト 国際霊柩送還士

第10回(2012年)、開高健ノンフィクション賞受賞作。